増田 祐次

2000年に遺品整理・孤独死の特殊清掃専門の遺品整理クリーンサービスを創業、2010年に株式会社ToDo-Company として法人化し専門チームの孤独死清掃本部を設立、遺品整理人を育成している。「遺品整理人®︎商標登録:第5967866号」 受賞歴:銀賞 2018 NEW YORK FESTIVAL LONELY DEATHS (孤独な死) ザ・ノンフィクション「孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人~」視聴率歴代7位

no image

2024/4/11

東京で孤独死の特殊清掃を依頼する手順と方法を専門が徹底解説

発見まで時間が掛かってしまって臭いで近隣に迷惑を掛けている 遺品の処理、貴重品捜索、特殊清掃、消毒、原状回復を頼みたい 賃貸物件の大家さんに早く清掃するように言われている 警察からの入出許可が出たらすぐにやってほしい なるべく特殊清掃にかかる費用を安くしてほしい 部屋に入れるまでの初期の消毒をしてほしい 自分たちでは全部できないから専門業者に依頼したい 特殊清掃は間違えのない選択(業者)をすれば臭いは完全に落とすことができます。 特殊清掃の現場 クリーンサービスの特殊清掃なら仕上がりはこのようになります。 ...

かすかなる抵抗

2023/3/29

さりげない抵抗

気温が35度を超す真夏に緊急の依頼が増す孤独死の特殊清掃 その多くは臭いと窓に群がるハエの大群を発見したから。 いつもの生活では嗅いだことのない臭いに異臭と感じたいていの人はどうすればいいかわからない、むしろ人が亡くなっている臭いなんて葬祭業や警察などでないとなかなか感知できるものではないはず。 普通に警察へ通報すればいいのだが、躊躇という行動が出てきてしまう。「もし間違った通報をしたらどうしよう」「第一発見者として疑われたくはない」「ほかのだれかが通報してくれるだろう」 しかし、世の中というのは誰かがと ...

no image

2022/11/23

特殊清掃員が教える仕事内容や実態

ひとり暮らしをしていて何らかの原因で住んでいた部屋で亡くなった後を清掃する「特殊清掃員」 特殊清掃という言葉は孤独死が認知されてからそのあとを遺品整理や清掃をすることとして言われてきました。 今回はその特殊清掃員が現場で何をしているのかをお伝えいたします。 特殊清掃員とは 特殊清掃員とは「人が亡くなった跡」を清掃する人のことです。 ひとが亡くなった跡を清掃するわけですから目に入ってくる非日常的なショックと遺族に代わってきれいにするという覚悟が必要になってまいります。 画像では伝わってこない「臭い」ですが死 ...

浴槽死亡

2022/10/23

トイレや浴室の死臭はどうする?

トイレの死臭はどうしたらとりきれるのでしょうか?この記事ではトイレをキレイにしても死臭が消えない理由について詳しく解説いたします。 ・浴槽を洗ったけど臭いが落ちていない・・・ ・トイレをキレイにしたけど死臭が落ちていない・・・ ・遺体を搬出する際に水を流してしまった・・・ トイレに死臭が残るしくみ 浴槽で浸かりながら亡くなった場合やトイレで座ったまま亡くなった場合には体液が溜まってしまいます。浴槽から遺体を搬出する際には警察の方が栓を抜き遺体を取り上げる作業を行います。その時に配管に体液が流れて、流れきれ ...

千葉県の遺品整理

2022/7/14

【千葉県エリア】遺品整理業者の選定でお困りですか?

茨城県で遺品整理業者をお探しのご依頼者さまや管理会社、大家様突然のことでどうしたらいいかわからない方茨城ですぐに対応してくれる遺品整理業者を探しているしっかり丁寧に遺品整理の仕事を遂行してくれるところを探している遺品整理とハウスクリーニングを一緒にやってくれるところを探している 遺品整理はどうしたらいい? 遺品整理人組合:第00085:遺品整理人:山本純一 遺品整理人(イヒンセイリニン)は弊社、遺品整理クリーンサービス(株式会社トゥードゥーカンパニー)の商標登録です。登録番号:第5967866号 年間70 ...

ハエの死骸

2023/3/7

「溶けた遺体、孤独死」見るに堪えない特殊清掃現場の現実

誰にもみとられることのないひとりお部屋で亡くなった孤独死、助けを呼ぶ声ではなく最後に発見されるために虫と臭いで近所へ知らせた。遺体は警察が搬送するが何カ月も経過した遺体にはもうかたちはない白骨状態の遺体。 人間は孤独死をすると腐敗が始まります。組織がこわれ臓器も腐っていき換気扇などの隙間などからハエが入ってきて遺体に卵を産み付ける。ハエの孵化(ふ化)は早くわずか1日たらずで生まれ1週間もあれば成虫になってしまう。そのため発見が長引けば体中がウジだらけになってしまうこともある。 窓にはおびただしいほどのハエ ...

孤独死で時が止まった部屋

2022/5/9

「あなたも孤独死の発見者に」いつだれが発見者になるかわからない早期に発見する方法とは

孤独死とは悲惨なイメージとして捉えられがちですが本当にそうでしょうか。孤独死の問題というのは「孤独死をしたから問題ではなくて、発見されない期間が問題」と数々の孤独死の清掃に従事してきた専門家は語る。早期に発見できれば腐敗して姿やさいごの顔を見て送ることもできるけれど腐敗が進めば見ることもなく見送ってしまう現実もある。 孤独死が考えられる様子 孤独死(部屋で亡くなっている自然死)が懸念され近所の人が気付くまでには「様子見」のあとに発見されるケースがある。亡くなってから1日後や2日後に発見されることはなくその ...

jibe-ihin

2022/5/8

遺品整理の進め方はどうしたらいい?

家族が亡くなった・・・ 何から手を付けていいか・・・ 手が付けられない量がある・・・ 結論(専門家がお答えします) 遺品整理の進め方としては亡くなった故人の住まいが持ち家か、賃貸物件なのか、死亡後すみやかに行う手続きがございます。持ち家の場合はすぐにやる手続きを優先するほうが良いのですが、賃貸物件では同時進行をしなければ家賃が発生します。ただし、どちらにしても遺品整理を業者に依頼する場合には親族同士で話し合うことが必要になります。遺言書の有無、財産分与など話し合った結果で次に遺品整理へと進みます。 認定遺 ...

no image

2023/3/7

時代によって孤独死という言葉が生まれてきた

「死ぬときは住み慣れた家で死にたい」 おおくの人がそのような願望を内に秘めて人生を生きている。 しかし、病院でみんなにみとられて亡くなることがスタンダードと思われているがみんながそのような死に方をするわけではない。誰にもみとられずひとりで一定期間発見されず亡くなっている孤独死(以下自宅死という)、ひとはそのような死に方をするのは「やっこさんは孤独だったから」や「孤立していたから」などと言うがそれは傍からみた妄想に過ぎない。  わたしは、22年前に自分の孫のように接してくれたとなりのおばあさんがむかしでいう ...

特殊清掃員

2022/2/26

特殊清掃はどんな仕事?仕事内容と向いてる人、向いてない人

特殊清掃の仕事は、お部屋で亡くなっていて誰にも発見されず遺体が腐敗して床などに流れてしまった体液を洗浄したり消毒したり、ウジやハエなどの害虫を駆除したりするお仕事です。そのほかにも発見まで日数が経過してしまうと死臭と言われる強烈な臭いが部屋中についてしまうために消臭剤や機材を用いて亡くなっていたお部屋の原状回復をすることが特殊清掃となります。 特殊清掃はどんな仕事なの? 誰にも発見されることなくひとりお部屋で死亡している孤独死の特殊清掃は誰もがかんたんにできるものではありません。腐敗が進行すれば無数のウジ ...

死臭の臭い

2022/5/13

【2022年】死臭のニオイ(臭い、匂い)はどんな臭い?

普通に生活をしていれば嗅ぐことのない死臭ですが、人間のカラダが腐敗して強烈な死臭を放つようになると鼻が曲がるような感触があり、呼吸すれば嘔吐してしまうほどのニオイに鼻がやられます。そして吸い込んだ死臭のニオイに脳がびっくりしてしまい数日間鼻にこびりついているような感覚に陥ってしまいます。 このページは死臭のニオイを解明していきます。 死臭ってどういう臭い?・・・腐敗臭ってどのくらいから出てくるの?・・・例えばどのような臭いが死臭に近い?・・・ この記事の専門家 遺品整理人:山本 純一 認定番号 第 000 ...

エアコン洗浄

2022/5/13

【エアコン内部洗浄】水洗浄式からエアー洗浄式に変えた理由

アルミのフィンにカビが生えてて・・・洗浄したのにカビの臭いがする・・・内部洗浄してから水が落ちてくる・・・ この記事でわかること エアコンの内部洗浄はエアコンフィルターを掃除しただけではカビや臭いはとれません。内部の熱交換器(アルミのフィン)や送風ファンに張り付いているカビや汚れをしっかりと落とすことで汚れや臭いが取れるといった感じです。 認定遺品整理人:山本 純一 年間700件を超す遺品整理現場に携わり、そこで得た知見をもとに遺品整理、特殊清掃の情報を発信しています。 遺品整理と特殊清掃だけではなくハウ ...

浴室の特殊清掃

2022/5/16

特殊清掃員も驚くお風呂で孤独死したドロドロのにおいとは⁉

2025年、800万人が後期高齢者と言われる、いわゆる「団塊の世代」75歳以上の超高齢化社会が訪れてきます。いままでの暮らしからさまざまな分野で備えておかなくてはならないことが起きる可能性を秘めている時代になりますが、私たち特殊清掃員が感じることは、不慮の死(浴槽内での溺死)を心配しています。 認定遺品整理人:橋本 俊哉 認定番号 00082 号 年間750件以上の遺品整理や孤独死の特殊清掃に携わり現場の知見から情報を発信し、孤独死のメカニズムやソリューション開発などを発信し、 デジタル時代に早期発見でき ...

遺品整理ビジネス

2022/6/10

遺品整理ビジネスとは何かを簡単にまとめてみた【保存版】

遺品整理ビジネスをやってみたい・・・ 遺品整理はビジネスになるの・・・ 遺品整理ビジネスって何・・・ 認定遺品整理人:山本 純一 遺品整理人番号:00085 号 2000年に遺品整理業を創業、以来最前線で現場を見つめる。 年間750件を超える遺品整理、特殊清掃の現場に従事しておりそこで得た知見をもとにひとの死を伝えていく活動をしています。 遺品整理というビジネスについて 故人が遺した遺品 遺品整理というのは、亡くなった故人が遺していった遺品を遺族の要望に沿って代行し整理していく仕事です。 2010年よりも ...

終活アイキャッチ

2022/5/14

終活はどうする?生前に行う生前整理

身内に迷惑かけたくない・・・ 見られたらはずかしい・・・ 旅立つ前に身辺整理しないと・・・ 遺品整理人:専門家の山本純一 番号 00085 号 年間に700件以上の現場を見てきてそこでの知見を活かし人の死や、人の最期をどうやって伝えていくかを考えながら遺品を片付けています。 遺品整理専門ですが、いつからか生前整理も依頼されるようになって遺品整理の作業が生かせればと思い携わらせていただいています。 生前整理とは 生前整理とは、いわゆる人生の最後にご自身で行う「片付け」です。押し入れや引き出しなどに入っていて ...